料理写真

パルミジャーノ・レッジャーノ

イタリアを代表するチーズで、製法に厳格な事でも有名です。 熟成期間は18〜36ヶ月。5年以上のものもあります。 お料理に入れることも多いのですが、薄く切ってそのままいただくのも美味ですね。 表面はオフホワイトで所々に白い塊が見えます。 これはアミノ酸の結晶でしゃりっとした感触があります。 味わいはとに... Read More...

熟成チェダーチーズ

比較的、手に入れやすいチェダーチーズ。 今回は熟成を進めたものを試してみました。 ラベルには一年ものとあります。 味わいはとても濃厚で軽い酸味と塩味。そして深いコクが感じられます。 所々にシャリッとした粉が固まったような部分があります。 これが、旨味成分がぎゅっと詰まった乳酸カルシウムの結晶です。 ... Read More...

ミモレット

美しいオレンジ色のミモレットはフランス原産。 でもその作り方は独特です。 味わいは濃厚で旨味とコクが幾重にも重なっています。熟成が進んだものは「からすみ」のようだとも言われています。 美しいオレンジ色を引き立てるライティングをしてみました。... Read More...

ゴーダチーズ

オランダの代表的なチーズ。 ゴーダという街で作られた、というのが名前の由来。 味はクセが少なくマイルド。 でも、マイルドな中にもしっかり乳脂肪のコクが感じられます。 透明感の奥にある旨味を表現しました。... Read More...

レッドチェダーチーズ

元々はイングランドサマセット州のチェダーという地方で作られていました。 でも今では世界中で作られていて、手に入れやすいことでも身近なチーズですね。 少し固い食感ですが口溶けはよくナッツ系の香りを伴ったクリーミーな味わいが広がります。ほんのりと塩味も感じます。 熟成の進んだレッドチェダーには美味しさが凝縮さ... Read More...

カマンベールチーズ

フランスを代表する別名チーズの女王。 原産地のカマンベールがそのまま名前になっています。 特長は表面の白い粉っぽいカビ。 切ってみると、中は柔らかくトロリとしてクリーミーです。 表面の固さと中のクリーミーな表情がポイントですね。... Read More...

マテ茶鶏のオリーブオイル漬け

皮の部分はプルンと弾力があり、鶏油の甘みがオリーブオイルのほんのり塩味と引き立て合っています。 身の部分も旨味がたっぷり詰まっていて、噛むほどにお口の中に広がります! こういったお手軽なおつまみの撮影の場合は2つ使ってきます。安いですから。 もちろん撮影用と味見用です。 柔らかいのか固いのか。こって... Read More...

牛肉のバルサミコソース

缶詰のおつまみにもすごく手の込んだ美味しい商品がありますよね。 今回は「牛肉のバルサミコソース」を日本酒と合わせてはいかがでしょう? そんなテーマです。 お肉は赤身と脂身がバランス良く入っています。 お肉の繊維がほろりと溶けるほどトロトロに煮込まれている感じを表現しました。 脂身が光を受けてほんのり透... Read More...

お手軽なおつまみ

手軽で美味しいおつまみで一杯いかがですか? そんな提案で撮りました。 ライティングは料理写真には定番の後ろからです。 砂肝のコリコリ感を出したくてコリコリとした割と硬めな光です。 撮影後は当然、スタッフが美味しくいただきました。... Read More...